サンプル版 無料体験

ご希望の級をお選びください。

英検準1級(大学中級レベル)サンプルを見る  英検3級(中学卒業レベル)サンプルを見る


英検2級(高校卒業レベル)サンプルを見る  英検4級(中学中級レベル)サンプルを見る


英検準2級(高校中級レベル)サンプルを見る  英検5級(中学初級レベル)サンプルを見る


「英検」準1級合格のポイントズバリ教えます!

1.英語力のレベル

レベルは大学中級程度とされているので、準1級と2級では難易度にかなり差を感じる方も多いでしょう。必要な語彙数は約7000語と2級レベルにプラス1500〜2000語アップし、出題される語彙も抽象的な語や専門用語が多くなるため、しっかりと語彙の学習をする必要があります。

ライティング問題について

ライティングが2016年度第一回試験よりeメールへの返信からエッセイライティングに変わっています。またライティングの語数指定も100ワードだったものが120〜150ワード以内まで増えました。エッセイライティングはTOPICに対して賛成か反対か(Agree or Disagree)の立場を明確にし、指定されているPOINTの4つの中から最低2つを使い、自分の意見をまとめ上げるという内容です。新しいエッセイライティングの対策については旺文社ウェブサイトの以下のサンプル問題と、模範解答を含んだ解説がこちらのURLに詳細明記されていますので、ご参考ください。
http://www.obunsha.co.jp/pr/new_eiken/images/dl/eisakubun_p1.pdf

2.受検のこころがまえ

リーティングとライティングを合わせての試験時間が90分。eメールへの返信よりエッセイライティングの方が自分の意見をまとめるのに時間がかかるので、リーティングは70分、ライティングは20分という時間配分を目安に本番に臨めるよう仕上げる必要があります。

◆試験内容:筆記90分 / リスニング25約 / スピーキング約8分

3.合格のポイントは?

リーティングで使える時間を考えると、読解問題で日本語に訳し意味を理解した上で回答していく時間はほとんどないので、文章を頭から読み、その場でフレーズごとに理解していく「直解読法」をマスターし、リーティングスピードをアップする必要があります。前置詞、関係詞、接続詞など文の切れ目になるところはどこかを的確に判断し、文章を頭から理解できるようにトレーニングしましょう。そのためには各文の切れ目とその意味/内容を意識しながら音読をすることが効果的です。意味がわかる英語の音読を繰り返し、最終的には150ワード/分程度の速さで音読できるようになると、黙読スピードも確実にアップします。また音読をすることで、英語の語感も身に付くのでリスニング力アップの効果も期待できます。リーティングスピードの強化のためにも是非実行してください。

●大学受験生へ
2020年のセンター試験廃止後(現在の中2生の大学受験時)の英語の試験は外部英語4技能試験が導入されることがほぼ決まっており、必要とされる英語力も準1級レベルまでとなる予定です。2020年を前に、既に前倒しで外部英語4技能試験を導入している大学も年々増加しています。特に難関大学を目指している方は高3の1学期までに準1級合格を目標に学習することをお薦めします(英検取得による入試への優遇措置等の情報は英検ウェブサイトをご覧ください)。



とにかく合格したい人の英検ネットドリル活用術!

(1)学習計画を立てるべし!
英検ネットドリルは「でる順パス単」「7日間予想問題ドリル」「過去問集」と3種の教材を収録しています。基本学習(でる順パス単のみ)⇒トレーニング⇒確認テストと進めていきましょう。間違ったところは「弱点チェック」に反映されるので克服しましょう。「確認テスト」では、合格ラインに達しているかを確認できます。また、過去問集では「全国模試」機能もありますのでぜひ活用してください!

学習計画をたてよう

(2)単熟語は問題形式に慣れるべし!
単語帳で憶えても問題形式で出題されると意外と答えられないものです。「トレーニング」メニューで何度も確認しましょう。「英検」は選択問題ばかりなのでスペルまで覚えなくてもなんとか解答できますが、学校の英語・受験対策まで考えて使う方はノートを併用して、スペルを書く勉強もしましょう。

問題形式に慣れよう

(3)熟語の例文を音読すべし!
英検ネットドリルの熟語問題には音声付きの例文が必ず付いてくる。単に聞き流すだけでなく例文を言えるように練習するとリスニングが飛躍的に伸び、スピーキングの練習にもなります。できるだけ大きな声で口を動かして音からも英語をしっかりと学習しましょう。

例文を音読しよう

(4)リスニングを制すべし!
効果的な勉強方法は何度も聞いて耳を英語に慣らしていくこと。英検ネットドリルはCDでの学習と違い、クリック1つで音声を何度でも繰り返しリピートして聞くことができる。最初は聞くことができなくても回数をこなしていると段々と聞こえるようになってきます。最初は3回〜4回と聞いていたところを徐々に減らしていき最終的には1回でわかるように耳を鍛えていきましょう。


リスニングを制すべし

(5)穴埋め問題の鬼になるべし!
リスニングの次に出題が多いのはパート1の穴埋め問題。例えば3級は予想問題集まで含め195問あるが、それを徹底的に覚える。単に答えを覚えるのではなく、解説に書いてある他の語句の意味や文全体の意味などまでしっかりと書いて覚えること。「トレーニング」メニューで鍛え上げましょう。この部分を徹底学習することで長文を読む際にも十分その効果は表れます。リスニング同様、パート1で必ず8割正解できれば、さらに合格への道が近いものになることでしょう。


穴埋めの鬼になる


サンプル版の無料体験登録はこちらから

ご購入はこちらから



「英検」合格講座

↑ページの先頭へ

なぜ英検ネットドリルrは効率がいいの?

旺文社英検ネットドリルは、「英検」受験教材の最高峰、旺文社の「でる順パス単」「7日間完成予想問題ドリル」「過去6回全問題集及びCD」という3種の教材を、丸ごと収録しています。これらは教材の心臓部ですが、機能のほんの一部に過ぎません。 これまでのペーパー教材の弱点は、学習の進み具合を客観的に評価しづらいことです。そして多くの受検生が感じるのが、辞書やリスニングCD、教材などバラバラで、わからないことを調べるだけでも時間がかかってしまうこと。これらを解決したのが英検ネットドリルです。使い込むほど、受検級が上がるほどにその効果を実感できることでしょう。

多くの教育機関でも採用されています!

当教室では、「英検」学習をしているすべての児童・生徒が使用しています。導入後の結果は「英検」の取得率が30%ほどアップ。中学卒業までに準2級を取得する受講生は1.5倍になりました(教室の声より)。

多くの教育機関でも採用されています!




サンプル版の無料体験登録はこちらから

ご購入はこちらから



「英検」合格講座